遺留分のご相談なら【弁護士法人心】

遺留分減殺請求サポート<span> by 弁護士法人心</span>

Q&A

生前に贈与を受けていても遺留分はもらえるのですか

  1. 1 生前に贈与を受けていると遺留分をもらえないことがあります

    遺留分制度は,一定範囲の相続人に対して,遺産の一部の相続権を保障するための制度です。

    生前に贈与を受けていれば,遺産の一部を先にもらったと考えられるため,相続で遺産をもらえなかった場合であっても,遺留分が認められない可能性があります。

  2. 2 遺留分の計算方法
    ⑴ 遺留分を請求できるのは誰か

    遺留分を請求できるのは,一定範囲の相続人です。

    具体的には,①配偶者,②子,③直系尊属であり,兄弟姉妹には遺留分は認められません。

    ⑵ 遺留分額の算定

    遺留分算定の基礎となる財産は法律で定められており,①相続開始時に被相続人が有したプラスの財産に,②被相続人が生前贈与した財産の価額を加え,③そこから債務の全額を控除します。

    計算式だけを見ても分からないので,簡単な具体例を検討します。

    たとえば,被相続人Aさんの遺産が2000万円あり,相続人として妻Bさん,子C・Dさんがいるとします。

    Aさんは生前,Bさんに500万円,Cさんに400万円の金銭を贈与していました。

    この場合の遺留分額の計算方法としては,遺産である2000万円に,B・Cさんへの生前贈与900万円を加算します。

    そのため,遺留分の基礎となる財産額は,合計2900万円と考えます。

    そして,今回であれば,妻Bさんの遺留分額は725万円,子C・Dさんの遺留分額は362万5000円となります。

    このあたりの計算は相続人が誰かによって変わってくるので,詳細は弁護士にご相談ください。

    ⑶ 遺留分侵害額の算定

    遺留分は,遺留分侵害があって初めて成立します。

    つまり,⑵の計算によって算出した遺留分額から,相続や生前贈与によって得た財産を控除します。

    ⑵の具体例で,Aさんが全ての財産をAさんの愛人Xさんに遺贈した場合,遺留分侵害額は次のようになります。

    ア 妻Bさん

    遺留分額725万円から生前贈与を受けた500万円を控除した,225万円が遺留分侵害額となり,妻Bさんは愛人Xさんに225万円を請求することができます。

    イ 子Cさん

    遺留分額362万5000円から生前贈与を受けた400万円を控除すると,Cさんは遺留分を侵害されていないことになるため,子Cさんは愛人Xさんに何も請求できないことになります。

    ウ 子Dさん

    子Dさんは生前贈与を受けていないため,遺留分額362万5000円を愛人Xさんに請求することができます。

  3. 3 生前贈与を受けた方は弁護士にご相談を!

    上記の例でお分かりのように,生前贈与の額が大きい場合は,遺留分を請求できない場合があります。

    もっとも,遺留分の計算は非常に複雑であり,生前贈与を受けたとしても,遺留分が請求できる場合もあるため,まずは弁護士に相談することをお勧めします。

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ