『遺留分』のご相談なら【弁護士法人心】

大阪で遺留分についてお悩みの方へ

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月20日

1 遺留分に関するよくあるお悩み

弁護士にご相談いただくお悩みの中に「自分の遺産の取り分が少なすぎる気がする」というものがあります。

相続人の中でも、子供や配偶者など一定の立ち位置にいる人は、「遺留分」と呼ばれる最低限の遺産を受け取る権利を持ちます。

ご自身の遺産の取り分が少なすぎると思われるような場合は、この遺留分が侵害されている可能性があります。

2 遺留分のお悩みは弁護士にご相談ください

遺留分が侵害されている気がするなどのお悩みを抱えていらっしゃる方は、弁護士にご相談ください。

相続財産の総額などから遺留分に当たる金額を算出し、本当に遺留分が侵害されているかどうかを検討いたします。

検討の結果、遺留分が侵害されていることが確定いたしましたら、遺留分侵害額請求の手続き等もサポートすることも可能です。

3 大阪の方であれば弁護士法人心のご利用がおすすめ

大阪にお住まい・お勤めの方であれば、弁護士法人心 大阪法律事務所のご利用が便利です。

大阪駅のすぐ近くにありますので、ご相談にお越しいただきやすいかと思います。

当法人には相続を得意としている弁護士が所属しており、遺留分に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

遺留分のお悩みは弁護士へ

当法人には、遺留分などの相続に関するご相談を得意としている弁護士が在籍しています。複雑なお悩みを抱えていらっしゃる方もどうぞご相談ください。

スタッフ紹介へ

まずはお電話ください

弁護士との相談をご希望の方は、当法人のフリーダイヤルまでお電話ください。スタッフが丁寧に対応させていただきます。

大阪にある法律事務所です

大阪駅に近くご利用いただきやすい立地に事務所を構えています。遺留分にお悩みの方もどうぞお越しください。

遺留分を相談する場合の弁護士の選び方

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年8月11日

1 全ての弁護士が遺留分に詳しいわけではない

法律は多種多様な分野があるため、全ての分野に精通することは簡単ではありません。

たとえば、運動が得意であっても、サッカーと野球で両方プロになれる人はあまりいないでしょう。

求められる能力が高度になればなるほど、特定の分野に特化しなければならないためです。

法律の世界でも同様に、特定の分野に特化して取り組むことで、多くの実績を積み、能力を高めることができます。

他方、様々な分野を広く浅く扱っても、特定の分野に強くなることは難しい場合があります。

2 弁護士の年齢より、実績を見ましょう

よく、「ベテランの先生に頼みたい」という理由で、弁護士の年齢を気にする方がいらっしゃいますが、弁護士の年齢はあまり参考になりません。

たとえば、年3件しか遺留分を扱わない弁護士は、30年業務をしたとしても、合計90件程度しか、遺留分を扱っていないことになります。

それよりも、年100件遺留分を扱っている若手の弁護士の方が、より多くの遺留分を解決していることになります。

また、そもそも難しい資格の場合、資格試験に合格した時に、すでにベテラン並みの年齢になっていることもあります。

そのため、弁護士を選ぶ際は、弁護士の年齢より、弁護士の実績に注目しましょう。

3 スピーディーな対応が可能かに注目しましょう

遺留分は、法律で期限が定められています。

遺留分が請求できると知ってから、1年以内に遺留分の請求をしておかないと、遺留分の権利が消滅してしまいます。

「1年以内なら、余裕がある」と考えた方は注意が必要です。

単純に請求すればいいのではなく、遺留分の請求をした証拠を残さなければなりません。

では、手が遺留分の請求に関する書類を受け取らなかった場合はどうでしょうか。

また、相手が住民票上の住所に住んでいない場合や、海外に住んでいる場合はどうでしょうか。

そういったケースを考えていくと、1年という期限は決して余裕があるものとは言えません。

遺留分に強い弁護士であれば、そのことを熟知しているため、相談の日程や、相談後の行動が非常にスピーディーです。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ